全国  >  京都

屏風が映し出す縁

会場付近のおすすめグルメ

京・くずし料理 しし翁
和食 / クーポンあり 京都府京都市中京区小川通二条下ル古城町367‐14
すてーき一郎
洋食 / クーポンあり 京都府京都市上京区今出川通新町西入元新在家町175-5
和食・町家ごはん そいる
居酒屋 / クーポンあり 京都府京都市中京区室町通夷川東入る鏡屋町50-3
とりのすけ 烏丸今出川店
居酒屋 / クーポンあり 京都府京都市上京区今出川通室町東入ル今出川町333番地第二高橋ビル5F
ろまん家 御所南店
居酒屋 / クーポンあり 京都府京都市中京区少将井町222 シカタオンズビルB1

  会 期

イベントは終了しました  2017年07月01日(土)〜2017年09月26日(火)

  内 容

創業460余年、京友禅の老舗・千總が所蔵する貴重なコレクションを公開している千總ギャラリー。祇園祭の宵山期間中、京都の大店が秘蔵のコレクションを公開する「屏風祭」に合わせて千總の屏風コレクションを一挙にご紹介します。
明治時代初期、近代化による社会変動の影響で苦境に立たされていた千總。そんな中、千總当主・12代西村總左衛門が起死回生のために目を向けたのは、京都の日本画家たち。多くの画家もまた、東京遷都や廃仏毀釈による寺院や公家などパトロンの不在や欧化思想により、職を得られず窮乏を余儀なくされていました。千總は、西村とは絵の師弟の関係だった京都画壇の大家・岸竹堂へ友禅の下絵を依頼したのを皮切りに、様々な日本画家と密接な関係を築いてゆきます。
この展覧会は、千總と京都ゆかりの日本画家たちとの繋がりに焦点を当てています。1章では千總に残る江戸時代後期頃活躍した画家たちの作品をご紹介、明治以降の関係性構築の素地を見出します。2章では、千總に出入りした日本画家の制作した、もしくは下絵を手がけた作品を展示いたします。京都のまちに生き、互いに支え、支えられてきた彼らの歩みをご覧ください。詳細を見る

  住 所


千總ギャラリー 千總ギャラリー

  料 金

入場無料


  問い合わせ先

主  催:: [代表] / [SOHYA TAS]
電話番号:075-211-2530

  関連URL

関連動画

  • 動画が見つかりません。