全国  >  京都

織部の遺響~後水尾天皇と東福門院和子~

会場付近のおすすめグルメ

京・くずし料理 しし翁
和食 / クーポンあり 京都府京都市中京区小川通二条下ル古城町367‐14
すてーき一郎
洋食 / クーポンあり 京都府京都市上京区今出川通新町西入元新在家町175-5
和食・町家ごはん そいる
居酒屋 / クーポンあり 京都府京都市中京区室町通夷川東入る鏡屋町50-3
とりのすけ 烏丸今出川店
居酒屋 / クーポンあり 京都府京都市上京区今出川通室町東入ル今出川町333番地第二高橋ビル5F
ろまん家 御所南店
居酒屋 / クーポンあり 京都府京都市中京区少将井町222 シカタオンズビルB1

  会 期

イベントは終了しました  2017年05月20日(土)〜2017年09月18日(月)

  内 容

本展では、古田織部が公家文化に遺した影響に光を当てます。
飛騨国高山(岐阜県高山市)藩主の嫡男金森宗和(重近)は父の影響で若い頃から織部流の茶の湯を学んでそれを極め、自流を立ち上げるまでになりました。やがて宗和は公家衆や上級武士から支持を集め、茶の湯を教授するようになります。寛永(1624~1644)の頃には、陶工野々村仁清を指導して自らの好みの茶道具を造らせ、それが大いに賞賛されました。この優美な茶の湯の世界は「姫宗和」と揶揄され、
利休の孫の宗旦による、むさ苦しいまでの「侘茶」と比較されたのでした。
一方、織部門下の茶人でもあった2代将軍・徳川秀忠の娘和子(東福門院)は後水尾天皇の中宮でしたが、茶の湯を好み、自らの好みの道具を遺しています。本展では、野々村仁清造の新発見の茶碗や、東福門院好みの茶器や香合、美濃国(岐阜県)の織部焼と京の仁清焼を繋ぐ焼き物として古京焼白地緑彩茶碗、後水尾天皇を中心とした寛永文化ネットワークを形成した公家衆や法親王の書などを展示します。詳細を見る

  住 所


古田織部美術館 古田織部美術館

  料 金

大人500円/大学生・高校生400円/中学生以下300円/団体(15人以上)100円引


  問い合わせ先

主  催:番号:メールアドレス:info@furutaoribe-museum.com
電話番号:075-707-1800

  関連URL

関連動画

  • 動画が見つかりません。