全国  >  高知

高知の最新トピックス

司馬遼太郎展「21世紀 未来の街角で」

会場付近のおすすめグルメ

にわ とりのすけ 高知グリーンロード店
居酒屋 / クーポンあり 高知県高知市廿代町7-1 上野ビル1F
浜焼市場
居酒屋 / クーポンあり 高知県高知市追手筋1-6-23 ナカヤマビル2F
JAPANESE DINING 和民 高知追手筋店
居酒屋 / クーポンあり 高知県高知市追手筋1-6-3 チカミビル2F
ユルギヤ 正ナカ
居酒屋 / クーポンあり 高知県高知市本町2-1-21 パームスビル3F・4F
睦月処 穂寿美
和食 / クーポンあり 高知県高知市帯屋町1-13-10 S・コモンズビル1F・2F

  会 期

イベントは終了しました  2017年04月01日(土)〜2017年05月25日(木)

  内 容

日本人とは、日本の国とは何か、と考え続けた作家、司馬遼太郎が72歳で亡くなって今年で21年、その遺された多くの作品は今なお読みつがれています。この企画展は、それらの作品を通して、司馬遼太郎のメッセージを感じ取ることのできる空間「未来の街角」を高知県立文学館に創り出します。
次代を担うこどもたちに遺した「二十一世紀に生きる君たちへ」に通じる街角です。ここに来ればまさに「司馬さんに会える、作品に出会える」ことができるでしょう。名誉高知県人でもある司馬遼太郎にとって高知はことのほか関連が深く、「竜馬がゆく」「坂の上の雲」などの作品のほか、高知を題材にした「功名が辻」「酔って候」「夏草の賦」などの小説も多くあります。
これらの小説から、あるいは「この国のかたち」「街道をゆく」などのエッセイや紀行などの作品、自筆原稿、初出誌、関連する歴史史料、さらに、直木賞受賞作「梟の城」を執筆した小さな文机などの展示物が多くの伝言を、会場にあふれる言葉とともに発信します。詳細を見る

  住 所

高知県立文学館 2階企画展示室 高知市丸ノ内1-1-20

  料 金

観覧料 500円(常設展含む)高校生以下無料

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障碍者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者(1名)、高知県及び高知市長寿手帳をお持ちの方は無料です。

  関連URL

関連動画

  • 動画が見つかりません。